希望のウェディングをしたい|二次会も盛り上げる方法

贈り物の事情

プレゼント

結婚式での両親へのプレゼントで花束だけを渡す人もいますが、それに加えて両親の思い出に残るものを渡すカップルも増えています。もちろん、その価格は新郎新婦の懐具合で変わってくるので、どれがよいとか悪いとかいうことはできません。あくまでもだいたいの価格であり、二人の気持ちが伝わるものがよいのです。最近の新郎新婦の年齢が高くなってきたこともあり、30代や40代で結婚するカップルは結婚式の両親プレゼントの金額も弾むでしょうし、10代や20代のカップルは節約する人たちも多いです。

では、結婚式の両親プレゼントのこれまでの歴史や変遷を見ていきましょう。今から20年ぐらい前までは結婚式の両親プレゼントというと、花束が主流でした。しかし、10年ほど前から品物を送ることが多くなりました。たとえば、体重ベアです。体重ベアは新郎新婦が生まれた時の体重と同じ重さのくまのぬいぐるみです。そのぬいぐるみは熊だけではなく、ほかの動物のぬいぐるみになることもあります。また、それから数年してもっと実用的なプレゼントをということで、新郎新婦が生まれた時の重さのお米を贈るようにもなりました。また、手作りのものをプレゼントしたいということで、生花の花束ではなく、プリザーブドフラワーを自分達でアレンジしたものを贈るカップルも最近では多いです。このように、以前は花束を贈るだけだったのが、今はオリジナリティを出したプレゼントになっています。